ブラウザを更新してください。

弊社のサイトでは、このブラウザはサポートされなくなりました。別のものを使うことで、より良い体験を提供できます。

メニュー

アジアパシフィック地域 ブログ

ビジネスを加速するためにエッジコンピューティングに注目している企業

人工知能、分析およびロボット工学の開発により、自動化が着実に増加し、主要な業界全体において企業のビジネス洞察が向上しています。モノのインターネット(IoT)により、企業は、製造現場の機械や公共の道路の街灯、商品を運ぶトラックなど種類にかかわらず、ビジネスの要素をコントロールして可視化できるようになりました。5Gの出現により、IoT(モノのインターネット)の使用事例が増え、情報の処理と通信の速度が向上しています。ビジネスはIoTと分析から得られたインテリジェンスを活用して、自動化が進み、効率的になります。企業は、遅れを取らないために、この新しい環境に自社の事業を適応させなければなりません。新しいツールとテクノロジーを活用するために、企業は、高速で、柔軟で、安全で、リアルタイムのビジネス洞察を提供できるネットワークプラットフォームを必要としています。

ビジネスの変革

新たなIoTと5Gの使用事例は、高密度でハイパフォーマンスのネットワークインフラストラクチャーに依存しています。リアルタイムのビデオ処理や産業用機械制御など時間に依存するタスクには即時のフィードバックが必要あり、そのためにはコンピューティング処理をエンドポイントの近くに配置する必要があります。これは、エッジコンピューティングの背後にある原則です。エッジコンピューティングはクラウドコンピューティングです。「エッジ」の要件は市場関係者や業界によって異なりますが、根本的にはエッジコンピューティングとは高速なデータ分析と応答のために最適化するということです。そのためには、エンドポイントの近くにコンピューティング処理とストレージを配置する必要があります。

 

データ収集および制御エンドポイントは、デバイス、マシン、または何らかのアクティビティやプロセスを監視するためにセンサーが配置されている場所です。IoTは、限りない数のセンサーを追跡、監視および制御する能力を企業に提供し、一方、5Gとエッジコンピューティングは自動化を加速して効率を向上させることにより、IoTを補完するスケールとコンピューティング能力を提供します。

5Gとエッジテクノロジーは、ビッグデータとIoTとともに、テクノロジー投資計画の最優先事項です。

Omdiaが毎年実施しているグローバル企業対象のICT Enterprise Insights調査では、ビッグデータとIoTに加えて、5Gとエッジテクノロジーがテクノロジー投資計画の最優先事項であることが判明しました。調査では、企業に、今後18か月間のテクノロジー投資の優先順位を「非常に重要」から「重要ではない」の間でランク付けしてもらいました。図1は、アジア太平洋地域に拠点を置く1,123人の回答者が「非常に重要」と答えた上位のカテゴリを示しています。企業戦略における5G、エッジコンピューティング、ビッグデータ、IoTの重要性が際立っています。

Omdia ICT Enterprise Insights 2020/21 – Global

図1:アジアパシフィック地域の企業のテクノロジーへの投資優先事項
出典:「Omdia ICT Enterprise Insights 2020/21 – Global,」2020年9月

これをさらに一歩進めて、Omediaは、東南アジアの大企業20社の最高情報責任者(CIO)、IT取締役、および最高マーケティング責任者(CMO)へのインタビューを含む別の調査を行いました。これによると、対象の企業の37%がデジタルビジネス計画の一環としてすでにエッジサービスの配備・展開を開始しており、これらの企業の多くは現在、初期配備・展開から拡大しています。別の34%はエッジサービスの配備・展開を計画しており、29%はまだ評価段階にあります。

新しいテクノロジーには新しいビジネスモデルが必要

多くのバーティカル市場にある企業がエッジコンピューティング戦略を模索または計画している一方で、Omdiaは、エッジテクノロジーへの計画投資の観点から、スマート製造、公的機関、教育を上位3つの業界として挙げています。これらの変革イニシアチブでの役割を確保するために、サービスプロバイダは新しいビジネスモデルを開発しなければなりません。各業界のエッジがどこにあろうとも、インテリジェンス、コンピューティング、ストレージおよびアプリケーションをより近くにもたらすソリューションを構築する必要があります。

 

コンピューティングリソースをネットワークエッジへ移動させることは、当初は5GとIoTによって推進されました。しかし、これは、複数のタイプのネットワーク接続、さまざまなタイプのホスティング環境、ビジネスアプリケーションをサポートするハイパフォーマンスのコンピューティング手段へと進化しています。ここ数年でエッジコンピューティングの概念が定着するにつれ、サービスプロバイダは、物理的インフラストラクチャーモデルを適応させて、有線および無線サービスのリソースをユーザーの近くに配置し始めました。Tier 1ネットワークプロバイダは、セントラルオフィス(CO)とサービス拠点(PoP)をエッジ設備に変換し、ミニデータセンターとクラウド環境を構築しました。米国では、ルーメン・テクノロジーズがこのプロセスを数年前に開始しています。5Gワイヤレスのみならず、複数の接続サービスをサポートするために、ネットワークに依存しないように設計されたエッジコンピューティング戦略に進出しました。Lumenのようなネットワークプロバイダは、エッジコンピューティングノードをホストできる設備を世界中に何千と所有しています。

 再生ボタン

視聴:第4次産業革命を推進する新しいテクノロジーの融合を活用する方法をご覧ください。 

ケーブル事業者などの有線ブロードバンドの専門家も、エッジコンピューティングにおける役割を模索しています。これらのプロバイダはケーブルシステムのヘッドエンドを活用でき、無線事業者は無線PoPでエッジコンピューティングをホストすることができます。一部の市場では、無線タワーのインフラストラクチャープロバイダでさえもエッジコンピューティングの機会を予測しており、分散データセンターに投資しています。これらの事業者は、自社の無線事業の顧客をサポートするためにエッジコンピューティングをホストすること、そして、クラウドサービスプロバイダ、ハイパースケーラー、顧客にサービスを提供するためにエッジに配置を希望する他の企業をサポートすることを望んでいます。

 

エッジコンピューティングプロバイダにとって明らかな機会は、Alibaba、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureなどのグローバルクラウド・プロバイダパートナーと協力して、テレコムアクセスネットワークに接続するエッジでホスティング環境を提供することです。クラウド・プロバイダは、エッジデータセンターの所有についていろいろ試していますが、一部のプロバイダは、専用のオンサイトハードウェア用に設定したクラウドスタックを提供しています。しかし、クラウド・プロバイダには、国内のネットワークサービスプロバイダやグローバル・ネットワークサービスプロバイダの持つ物理的資産のようなものはありません。

ビジネスの変革

Lumenプラットフォームがこのような主要なクラウドソリューションをどのように補完できるかをご覧ください

接続性に完全に依存していると、プロバイダは全体的なエッジソリューションの非常に小さな一部を占めるだけの存在になる危険性があります。このアプローチでは、サービスプロバイダが必要とする長期的な成長をサポートすることはできません。ネットワークプロバイダは、接続性以外の価値を加える方法を見つけなければなりません。接続性とデバイスはエッジコンピューティングの基盤であり、オーケストレーション、ホスティング、運用管理などのインフラストラクチャーの管理サービスの機会があります。

 

これらを結びつけることで、将来のプロバイダは、集中型、エッジ、およびオンサイトでホストされるIaaSの組み合わせや、専用接続ブロードバンドおよび無線のネットワークの組み合わせを構築することができるでしょう。コンポーネントを組み立て、統合されたサービスラップを提供し、リテールまたは卸売ベースで利用可能な統合ソリューションが提供できます。また、卸売業者には、エッジ向けに仮想化および最適化されたアプリケーションの開発と配信をサポートするベンダー、サービスプロバイダ、インテグレーターのスイートを組み立てて、エコシステムを構築するという可能性もあります。

 

サービスプロバイダは、一部の業界を直接ターゲットにした場合、それらの業界を深く理解するためにリソースに投資することも必要です。これには、製品チームと営業チーム全体での社内の専門知識の開発と、業界に関する深い専門知識を示すことが含まれます。

 

サービスプロバイダがエッジのさまざまな要素を調整し、ホスティングリソース、オンプレミス設備、サービス配信オーケストレーションと接続を統合し、これらのソリューションをビジネス成果ベースのSLAでサポートする能力は、プロバイダが差別化を図り、価値を顧客に提供し、エッジの機会を最大化するのに役立ちます。

第4次産業革命のために構築されたエッジエコシステム 

第4次産業革命においてエッジの力をどのように活用できるかを、今すぐご覧ください。

グローバルトレンドレポート

Cindy Whelan

執筆者

Cindy Whelan

Cindy Whelanは、企業ネットワークおよび卸売チームを率い、企業WAN、LANおよび卸売サービス全体のサービスプロバイダとベンダー戦略に焦点を当てた研究を指揮しています。


Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink