ブラウザを更新してください。

弊社のサイトでは、このブラウザはサポートされなくなりました。別のものを使うことで、より良い体験を提供できます。

メニュー

Lumen® エッジVM

エッジでアジリティを備えた仮想マシンと機能をプロビジョニングします。

エッジにおいてコスト効率良くリソースを拡張する

高度なデータ処理とインテリジェンスには、IoTデバイス、センサー、システムの柔軟な管理が必要です。エッジVMは、5ミリ秒以下のレイテンシ、高性能ストレージ、および安全なネットワークを提供するように設計されたソフトウェア定義のコンピューティングを組み合わせることにより、次世代アプリケーションの実行と拡張を支援します。

 

エッジVMの機能方法をご覧ください(ビデオ:1:45)

 再生ボタン

メリット

高い拡張性を通じてコストを削減

高い拡張性を通じてコストを削減

リソースをオンデマンドで拡張しスケーリングすることにより、サーバーのコストを削減します。ホストマシン上で仮想環境を普遍的に運用し、事実上どこにおいてもエッジデバイスのリモートプロビジョニング、管理および監視を可能にします。

速度とパフォーマンスを最大化

速度とパフォーマンスを最大化

処理能力とアプリケーションの稼働時間の増加は、1時間以内にワークロードを設定、構成および展開して、市場投入までの時間を短縮できることを意味します。

セキュリティと管理の簡素化

セキュリティと管理の簡素化

SDDCテクノロジーと仮想化ツールを使用して、データプライバシーをサポートし、効率を最大化するように設計されたアーキテクチャーを使用して、安全なコンピューティングロケーションを実現します。仮想サーバーを管理はLumenが行うので、時間を節約できます。

特長と仕様

  • オンデマンド仮想マシン(VM)の作成、読み取り、更新および削除
  • VMをグループまたはフォルダに割り当てる仮想インフラストラクチャの論理グループ化を制御する
  • 北アメリカ、EMEA、アジアパシフィック地域およびLATAMにおいて、60以上の計画されたエッジロケーション

  • オペレーティングシステム、メモリ、パーティションの複数の構成:
    • OS:Ubuntu 18および20、またはCentOS 7および8.3 
    • メモリ容量:1 GB〜256 GB
    • vCPU:1〜32
    • パーティション 1 G〜4096 G

  • プライベートIP VPN(仮想プライベートネットワーク)またはイーサネットを含む動的ネットワークの選択
  • サービスとユーザーの承認と認証

使用事例

次世代のリテールに力を与える

仮想化された販売時点情報管理(POS)システムでは、バーコードスキャナー、磁気ストライプリーダー、キャッシュドロワー、またはレシートプリンターとの迅速な統合が必要です。

IoT(モノのインターネット)システムを統合する

仮想化されたソフトウェアスタックは、IoT(モノのインターネット)デバイスを統合し、それらを単一のエッジプラットフォームに接続します。

分散型アプリのパフォーマンスを最適化

SaaSアプリケーションは、デジタルインタラクションの近くで実行され、サーバー上の仮想マシン(VM)として作動します。

 

 

参考資料

Lumen® エッジVMスペシャリストへのお問い合わせ

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink