ブラウザを更新してください。

弊社のサイトでは、このブラウザはサポートされなくなりました。別のものを使うことで、より良い体験を提供できます。

メニュー

Lumenの無償ピアリングに関するポリシー

2021年9月9日改訂


Lumenは、60を超える国で事業を展開し、お客さまとデジタルワールドの力をつなぐ、グローバルな通信/ITサービス会社です。Lumenネットワークとの相互接続は一般に商業的な扱いになりますが、Lumenが無償の相互接続、つまり「ピアリング」契約を締結することが互いの有益となるインターネットネットワークはわずかです。Lumenは、グローバルまたは地域ベースのピアを選択するためのガイドラインを提供するために、このポリシーを策定しました。Lumenは、特に、ネットワークの相対的サイズと範囲、ピアネットワークの補完的な範囲、Lumenが接続により得られる全体的な戦略的メリットに基づいてピアを選択します。本ポリシーに記載されている技術的および運用上の要件を遵守することは、Lumenとのピアリング関係を保証するものではありません。潜在的な同業者は、Lumenがピアリングに関連する要求に対し暫定的に対応するまで最低2週間を要することを考慮する必要があります。


Lumenは本ポリシーを継続的に評価し、独自の判断によりいつでも変更する権利を留保します。本ピアリングポリシーは単なるガイドラインであり、特定のピアリング関係を規定する合意または一連の規則ではありません。ピアリングは、Lumenとピアの間で締結された、相互接続アーキテクチャー、ポート容量、争議の解決、運用上の問題などに関連する詳細を規定した契約に従った場合にのみ発生します。Lumenは、潜在的な同業者とのピアリング試験の相互接続協定を必要とする場合があります。このような試験は、両当事者がピアリング試験契約を締結した後にのみ実施されます。ただし、ピアリング試験に成功することは、Lumenが長期的なピアリング契約に同意することを保証するものではありません。


無償ピアリングに関する一般原則


以下の一般原則は、本ポリシーの下記に挙げる特定の無償ピアリング資格の基盤となるものです。
 

  1. 無償ピアリングのトラフィック交換に関連するバックボーンコストの負担は、公平に分担する必要があります。ネットワーク間でやり取りされるトラフィックの方向やタイプに関係なく、ルーティング方法と相互接続ポイントの場所は、両当事者がバックボーンコストを合理的に均等に負担する場所でなければなりません。
  2. ピアリング契約の主な目的は、各当事者が高品質のサービスを顧客に提供できるようにすることです。
  3. 相互接続アーキテクチャーとトラフィック交換の実践により、トラフィックの交換の回復力、拡張性、安全性が優れていることを保証する必要があります。
  4. ピアリング契約の終了または変更は、各当事者の顧客およびインターネットの運用全体への悪影響を最小限に抑える方法で、両当事者が管理する必要があります。


潜在的な同業者の資格


Lumenは、以下の基準を満たす候補者との無償ピアリングを検討します。
 

  1. 相互接続ポイント間のIPネットワークを運用しており、トラフィック(IPv4およびIPv6インターネットトラフィックを含む)の配信に使用されるソース、宛先、またはテクノロジーに関係なく、ゲートウェイプロトコル(BGP)を使用して、すべてのインターネットトラフィックの相互接続ポイントでトラフィックの交換を管理している。
  2. 専門家が管理する24時間年中無休のNOCを利用して妥当な期間内にあらゆる問題を修復または改善し、セキュリティインシデント、サービス拒否攻撃、その他の運用上の問題の解決に協力的である。
  3. 定期メンテナンスのための通知を48時間前までにNOCに通知する必要がある。
  4. 相互の合意がない場合に限り、各相互接続ポイントで同じピアリング自律システム(ASN)を使用し、各ポイントで一貫性のあるルートのセットをアナウンスする。
  5. プレフィックスとRPKIを使用して、顧客からのルートアナウンスをフィルタリングする。
  6. デフォルトまたは静的なルートをポイントする、明示的に公開されていない宛先にトラフィックを転送する、ネクストホップをリセットする、ネクストホップを他者に販売または供与するなど(ただしこれらに限定されない)の行為を行うことでピアリング関係を乱用しない。
  7. 有料のインターネットトランジットサービスを、グローバルベースでBGPを利用する1,000以上の固有のトランジットネットワーク(ASN)、または地域ベースでBGPを利用する250の固有のASNにサービスを提供する。ここでの地域とは、Lumenが単一の地理的地域(アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、北アメリカなど)に含まれる相互接続ポイントとトラフィックにピアリングを限定することに同意している地域である。
  8. グローバルベースで1か月の間に最低平均500 Gbps(主方向)のインターネットトラフィックを交換するか、または地域ベースで最低平均250 Gbps(主方向)のトラフィックを交換する。ここでの地域とは、Lumenが単一の地理的地域(アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、北アメリカなど)に含まれる相互接続ポイントとトラフィックにピアリングを限定することに同意している地域である。
  9. インターネットトラフィックのフローに輻輳を発生させないために、十分なリードタイムで能力を増強する。
  10. Lumenが特定の市場または地域で相互接続することを選択するかどうかに関係なく、すべての一次市場と特定地域の二次市場の3分の2におけるLumenとの無償の相互接続に同意する。Lumenによって定義されているように、所定の地域の二次市場は、このような特定の市場に限定されるものではない(国内市場と見なされるものを含む場合がある)。
  11. ピアリング関係の診断を可能にし最新のPeeringDBレコードを保持するためのツール(パブリックルッキンググラスやルートサーバーなど)を提供する。


これらの要件を確認した後、候補者のネットワークがこれらの要件を満たしているか、または達成可能であると感じた場合は、ピアリングのリクエストを次の宛先に送信してください:

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink