ブラウザを更新してください。

弊社のサイトでは、このブラウザはサポートされなくなりました。別のものを使うことで、より良い体験を提供できます。

メニュー

Black Lotus Labs®

弊社はインターネットをクリーンな状態に保つ役割を担い、1カ月当たり最大75のC2を予め削除しています。

頻繁にみるから 

さらに防ぐことができます

Black Lotus Labs®の使命は、Lumenのネットワークに対する可視性を利用してお客さまのビジネスを保護し、インターネットをクリーンに保つことです。Twitterで@BlackLotusLabs®をフォローしてください。

 

  • 毎日監視されている195 BまでのNetFlowセッション
  • 継続的な学習のために1日あたり最大10億のDNSクエリを収集
  • 毎日監視されている42,000までのC2

 

Black Lotus Labs

参考資料

パキスタンからと見られる攻撃者、新しいReverseRatでインドの電力会社を標的に

LumenのBlack Lotus Labsは、ReverseRatと呼ばれる新しいリモートアクセス型トロイの木馬を検出しました。

ハッカーの活動がルーター設定ファイルを介してマニフェストを拡散

ルーメン・テクノロジーズのBlack Lotus Labs®チームは、主に5月 13, 2021に起こった、インターネットに露出したルーターやスイッチに影響を与えるハッカー活動を先日検出しました。

より安全なインターネットのためのUDPリフレクターの追跡

近年、分散型サービス拒否(DDoS)イベントは絶えず存在するサイバー脅威となっており、トラフィックがテラバイト/秒(Tbps)で測定される攻撃レベルにまでなっています。

ウクライナとカナダの組織を標的にした、新たに検出された水飲み場型攻撃

Black Lotus Lab®の分析により、以前に一連の水飲み場型攻撃で使用された、侵害されたウェブサイトのクラスタが明らかになりました。

ランサムベースの分散型サービス拒否(RDDoS)攻撃の再発

2020年の後半以降、Lumen Black Lotus Labs®によって、ビットコインの身代金が支払われない限りDDoS攻撃を続けるというサイバー脅威を含む電子メールを受信する多くの企業が発見されています。

Black Lotus Labs®ブログアーカイブ

脅威の現状の詳細については、Lumenのブログの完全アーカイブをご覧ください。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink