ブラウザを更新してください。

弊社のサイトでは、このブラウザはサポートされなくなりました。別のものを使うことで、より良い体験を提供できます。

メニュー

アダプティブネットワークセキュリティ

クラウドが提供するネットワークファイアウォールセキュリティで、サイバー脅威の管理を合理化

ビジネスアジリティを実現する安全なインターネット接続

アプリケーションとデータ計算がクラウドに移行するにつれ高まるファイアウォールの需要によって、セキュリティリソースへの負担が強いられるようになっています。Lumenのネットワークベースソリューションは、ハイブリッドセキュリティ環境全体で一貫したポリシーの配備・展開、監視、イベント管理を行うことにより、脅威管理を合理化します。

背後に同僚たちが座っており、並べられたデスクに腰掛けコンピューターモニターを見ている女性

メリット

DDoS

ネットワークベースの保護

31のグローバルなLumenゲートウェイをつなぐテクノロジーサービスにより、多額の資本投資をすることなく、新たな脅威にも素早く適応。

ウェブアプリファイアウォール

次世代ファイアウォール機能

IDS/IPS、ウェブコンテンツ/URLフィルタリング、データ紛失防止 (DLP)、アプリケーション認識および制御、マルウェア対策 (サンドボックス)、ログ保持、レポートなどの包括的なセキュリティ機能へのアクセスを実現。

コネクテッドセキュリティ

高速脅威防御(Rapid Threat Defense)

選択したセキュリティ体制とサイバー脅威リスクスコアに基づき、ポリシー最新データをネットワークファイアウォールに自動的にプッシュすることで、先を予見して脅威を検出しブロック。

シールドの形をしたデータ行を表示しているコンピューターモニターのクローズアップ

特長と仕様

ネットワークベースファイアウォール
  • パブリック/プライベート接続(SD-WANおよびMPLS/IP VPN)を介してつながるリモートアクセスサイトとモバイルユーザーの双方をサポート
  • Lumenネットワーク内に構築することで、ローカルインターネットのピアリングポイントを活用し低遅延を最小化
  • インターネットキャリア非依存 - Lumenやサードパーティのあらゆるインターネット接続を保護
  • プライベートネットワーク、クラウドプロバイダ、またはパブリックインターネットへの暗号化されたリモートアクセス
  • Black Lotus Labs®のサイバー脅威インテリジェンスによるRapid Threat Defense(高速脅威防御)の自動検知・対応機能
  • ファイアウォールインスタンス単位の共有帯域幅モデルが、配備・展開時の複数使用事例をサポート
  • 単一ポータルを通じて、脅威状況をほぼリアルタイムで把握
  • ファイアウォールポリシー1セットを設定することで、ハードウェアを導入することなく拠点やユーザーを保護

ファイアウォールイベントの通知を53%高速化

ITとセキュリティのリーダー達は、サードパーティによるマネージドファイアウォールサービスで、平均して53%の高優先度ファイアウォールイベント通知が高速化されたと指摘しています。

IIDG、エッジへの管理:ネットワーク統合型セキュリティの必要性、2019年9月

参考資料

アダプティブ・ネットワークセキュリティスペシャリストへのお問い合わせ

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink